×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バーバリーブラックレーベルの定番アイテム

バーバリーブラックレーベルの財布やジャケット、コートなどオシャレながらカジュアルに着回せるアイテムを紹介しています。バーバリーブラックレーベルはスタンダードなタイプの服にカジュアル感を出したシルエットが特徴で三陽商会、バーバリーブラックレーベルはビジネスパーソンを中心に人気があります。バーバリーブラックレーベルは値段も手頃なわりに安っぽく見えないので、オシャレが苦手な人でも定番アイテムのトレンチコートにニット、シャツ、ネクタイ、パンツとモノトーンで組み合わせれば手軽に野暮ったく見えないコーディネートを楽しむ事ができます。

スポンサードリンク

バーバリーブラックレーベルのジャケット&コート

バーバリーは大きく分けて、バーバリーブラックレーベル、バーバリープローサム、バーバリーロンドン、バーバリーブルーレーベルの四つが主なラインですが、日本ではビジネスパーソン向けに三陽商会が販売元となっているバーバリーブラックレーベルが特に有名で人気があります。日本人は欧米諸国に比べて、手足が短いのでコーディネートを考えないとどうしても野暮ったく見えがちです。しかも、日本では紺か黒のスーツが主流なので、個性を出すことが結構難しかったりします。そんなビジネスパーソン向けに作られているのが、バーバリーブラックレーベルです。身長が低い日本人はダボっとしたコートを着ると、かなりかっこわるくなりますが、バーバリーブラックレーベルのトレンチコートやダウンジャケットは日本人の体型に合わせてシルエットが細身に作られています。また、シャツのカラーとニットのバランスなども考えて作られており、没個性的なファッションを強いられるビジネスパーソンにとってバーバリーブラックレーベルのアイテムは簡単にオシャレに見せやすいブランドとして人気があります。

バーバリーブラックレーベルの冬ファッション

特にバーバリーブラックレーベルが真価を発揮するのは、冬のビジネスシーンかもしれません。ビジネスパーソンがスーツの上から羽織るには、トレンチコートかダウンジャケットかPコートくらいしかなく、カラーもブラック、グレー、ブラウン、という3種類がほとんどです。最近はステンカラーコートはシンプルすぎて流行していませんのでみんな似たり寄ったりのトレンチコート&ダウンジャケットに中は同じようなスーツにニットに白シャツと、代わり映えがしなくなります。こういった冬のビジネスシーンでオシャレに見せるには、まず、服のシルエットを体に合わせる事、後はマフラーやネクタイ、靴、時計などの小物にビビッドなカラーや明るめのカラーを使う事で野暮ったくなりすぎないようにします。冬にスーツの上にレザージャケットを羽織る人もいますが、レザージャケットは流行してはいるものの、スーツの上からだとサイジングが難しくなるので誰にでも着こなせるわけではありません。定番ファッションの中でもバーバリーブラックレーベルでシルエットを整えることで与える印象を変える事ができます。

スポンサードリンク